今までも これからも 安心を大切に
レイラ化粧品

化粧品と肌トラブルについて

  • HOME »
  • Q&A »
  • 化粧品と肌トラブルについて

qanda-top

line

化粧品と肌トラブルについて

q 皮膚トラブルって何?


食生活、住宅環境の変化、自動車の排気ガス、その他の排煙による大気汚染、ストレス過剰気味など生活環境の変化と共に人の身体も変化し、アレルギー体質が増加し、家系的、遺伝的にアトピー体質でなくても、突然アレルギー症状が現れたりする人も増えてきています。


化粧品による皮膚トラブルといえば“カブレ”です。カブレとは皮膚が赤くなったり、ブツブツができたり、かゆみをともなう皮膚の状態のことを言います。


皮膚トラブルが起きる原因について、整理してみました。


アレルギー性皮膚炎

多くの人に何でもない物質でも、ある特定の人にはカブレを起こす原因となる場合があります。卵、牛乳、サバなどの食品やウルシやさくら草などの植物によって、アレルギーを起こす人がいるように、まれに化粧品の原料でアレルギー性皮膚炎を起こす人がいます。アレルギー体質と思われる方は、その原因となる物質を避けて化粧品を選ぶことを心がけ、必ずサンプルを使ってから購入しましょう。


過敏肌

刺激に対して弱い肌の方です。

たとえば化粧水に配合されているアルコールに刺激を感じて使えない方もいます。

必ずサンプルを使ってから化粧品を購入しましょう。


肌が敏感になる時期

同じ人でもある時期、化粧品によって皮膚トラブルが起きることもあります。肌は、年齢、体調、季節の変化、生理の1週間前、更年期、ストレス過剰気味などさまざまの原因によって変化します。この時期は化粧品の選び方や使い方(回数、量、使用方法など)に特に気をつけましょう。


q 肌が敏感なのでパッチテストをしたいのですが、方法を教えてください。


二の腕の内側などの肌の柔らかいところに少量をお風呂上りにつけていただき、一晩おいて下さい。

お肌に赤味などの変化がないことを確認してからお顔にお試し下さい。もし付けた直後にかゆみや赤味などが出ましたらすぐに洗い流して下さい。


q ホワイトシリーズを使っていたら、シミが増えたような気がします。


シミが増えたように感じるのは、シミの周りの肌に透明感が出て肌色が明るくなってきたからではないかと思われます。


一つだったシミが二つになったと言う場合の多くは、一つの大きなシミの真ん中の部分がだんだん薄くなり二つに分かれたと言う事が考えられます。シミの数が増えたことが気になっている方にはシミが小さくなったはずなのに深刻な問題になってしまいます。そんなときには、シミの数よりも、シミの範囲が広がったかどうかを確認してください。範囲が狭くなっていれば効果が出ていると考えることができます。気長にお手入れを続けてください。


q アイブロー(眉ずみ)を使っていたら眉が薄くなったような気がします。良くないのでしょうか?


アイブロー(まゆずみ)が原因で、眉が薄くなるようなことはありません。ただし、芯の硬いアイブローで、ゴシゴシこするような描き方をすると、眉が強く引っ張られて抜けやすくなることがあります。
気になる方は、できるだけ芯が軟らかめのものを選び強く描きすぎないよう注意しましょう。


PAGETOP
Copyright(C) 2016 Leila Co., Ltd.  All rights reserved.